浅野屋職人 自慢の全粒粉

「浅野屋の全粒粉は美味しい」

*新作の「なめらか全粒粉生食パン」についてはこちら

浅野屋は創業1933年、もうすぐ90周年を迎えます。

四ツ谷の本店や軽井沢店に、何十年も前からご愛用頂いている常連様も多数いらっしゃいます。

「昔はこんなパンがあったのよ」「昔あったあのパンはもうないの?」

そんなお声をかけていただくこともしばしば。

世代を超えて、長くいつまでも浅野屋のパンをお楽しみいただきたい。

その為にも健康にすこやかにお過ごしいただく為に、浅野屋でできることは何か?
その答えの一つが、「全粒粉」を使用したパン。
「普段通りのおいしさ+健康」をご提案します。

全粒粉使用のパンって美味しくないよね、そんなイメージのお客様も多くいらっしゃいます。浅野屋の全粒粉パンを食べると、「全粒粉なのに美味しい!」とびっくりされます。

浅野屋のこだわりの食材(全粒粉)と老舗の技術があるから出来る事。ぜひお試しください。

 浅野屋と全粒粉の歴史

昭和60年代より軽井沢旧道本店では、自家製粉の全粒粉を使用したパンを提供していました。

全粒粉は製粉技術が重要。当時から開発シェフたちが研究を重ね、製粉にもこだわっていました。

2010年頃に、担当の平シェフが新たな製粉装置に出会い、あまりのおいしさに衝撃を受けます。香ばしさが残りつつ、ぼそぼそ感、臭みを感じない。

現在は、そのこだわりの全粒粉を使用したパンをご提案しています。長年美味しさを追求する開発シェフたちの歴史が詰まった全粒粉。浅野屋スタッフが自信をもっておすすめいたします。

食物繊維や栄養価が高い!

全粒粉とは、小麦・ライ麦などを粒を丸ごと挽いたのことです。

小麦は外皮(ふすま)、胚乳、胚芽の3つの部分でできており、それぞれ

ふすまの部分・・・ビタミン食物繊維、カリウム、カルシウムが豊富

胚芽部分・・・ビタミンB類、ビタミンE、ミネラルがたっぷり

と美容や健康にうれしい成分が!

通常の小麦粉は、胚乳の部分だけを挽いたものです。

全粒粉の割合が高いほど、独特な風味のあるパンになりますが、栄養価の高さと穀物本来の素朴な滋味深い味わいで徐々に人気が高まっています。(強力粉と比較した場合、一般的には鉄分、食物繊維が特に多く含まれています。)

浅野屋では現在、国産小麦を店舗で自家製粉し、挽きたての全粒粉を使用した商品の販売を行っております。

製粉機・パンの特徴

①新開発されたナノテク加工技術により、通常より細かい粒子に製粉が可能となりました。

→そのためにパンにした時水分を多く含むことができ、しっとりとなめらかな食感に仕上げることができます。

②低温での製粉が可能となりました。

→熱によって風味が損なわれることなく、小麦の香り・風味が豊かです。

③空気に触れにくい方法での製粉が可能となりました。

→空気に触れにくいことで小麦の酸化を防ぎ、小麦の香り・風味が豊かです。

 取り組みについて

近年、消費者の「食の安全」に対する関心は非常に強く、国産食品や生産者の顔が見える商品への要望は高まっています。浅野屋では「軽井沢」という自然の恵み、豊かな土地に店舗を構え、地域に根差した安心、安全で美味しい食材に目を向け、原材料にこだわりつつ、お客様に提供する取り組みを始めています。

*新商品、全粒粉生食パンはこちら

*WEBメディアぱんてな様とオンライン試食会を開催しました♪詳しくはこちら